スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍火の杜へ 感想

2014.02.13.Thu.21:04


季節の中では夏が一番好き。
寂しいとか切ないを連想するのは秋~冬が一般的だけど、私の中では夏が一番それを感じる。

補習のプールも夏休みも花火もお祭りも日焼けも、夏が過ぎてもキラキラしてずっと記憶に残ってるからかな。

蛍火の杜へ、夏目友人帳の緑川ゆき先生原作。漫画はもちろんよかったけど、劇場版アニメも素晴らしかった。(一人で観に行った!)
声優さんもピッタリ。内山昂輝(うっちー)と佐倉綾音(あやねる)
夏の間だけ会える二人
触れたら消えてなくなる恋。

「ねぇ、ギン、何があっても絶対私に触らないでね…ね?絶対よ」


あつい夏の日、妖怪達の住むといわれる山神の森で迷子になった蛍(6才)

「何を泣いているんだ」

そんな蛍に声をかけてくれたお面をかぶった少年ギン。ギンは一見人間に見えるけど、人間に触れられると消えてしまう存在だった。

蛍は物怖じしない無邪気な子で(6歳)、ギンは蛍を連れて森の外まで連れていってくれる。(優しい)

この時に、手は繋げないからお互いに木の棒を掴んでんの。(可愛い)

「何かデートみたいデスネー」
「色気のないデートデスネー」

仲良くなってる(微笑ましい)

蛍はこの日以来毎日神社に通うけど、期間限定。おじいちゃんの家に遊びに来てる時だけだから帰らないといけない。

寂しそうな蛍にギンは
「来年も来られるか?」

蛍は夏が来るたびギンに会いに行って気づけば高校生。

ただギンに会えるのが嬉しくて夏が来るのを心待ちにしてた蛍は、いつのまにか秋も冬もギンに逢いたくなって、ギンに恋焦がれるようになっていた。

大人になるにつれてわかるギンとの距離。実際の距離もそうだけど、ギンが人ではないっていう事実。

蛍は卒業したらこっちに来る、と。
そしたらずっと一緒にいれるから。

そんな蛍にギンは言う。

俺は妖怪ではない、人の子でもない、山神様が憐れんで妖術で生かし続けてくれている、幽霊のようなものなんだ
蛍、忘れてしまっていいんだよ
人の肌に触れると術がとけて消えてしまうそんなあやふやな存在に君がいつまでも

ここのセリフ、うっちー(ギン役)どんな気持ちで演じたんやろう。漫画で読んだ時よりずっと切なくて優しかった。(優しい声)

蛍はもう無邪気な子供じゃないから、ギンの言っていることが理解できた。

(時間がいつか私達を分かつでしょう
けれどそれでもその時まで)

そんなある日、蛍はギンに夏祭りに誘われる。人の祭りをマネして遊ぶ祭り。ギンはずっと蛍と一緒に行きたかった。妖怪ばかりの祭りで怖がる蛍に「蛍はおれが守るよ」(よく言った!)

「そういうこと言われると飛び付きたくなってしまう」
「飛び付けばいい、本望だ」

好きな人に触れられない、目の前に居るのに。二人の会話が切ない。

お互いにずっと一緒にはいれない、残りはあとどのくらいだろうって覚悟を持ってて、ギンは「ずっと行きたかった」このお祭りを最後にしようとしてる。

お祭り当日、ギンと蛍は棒ではなくて布でお互いの手首を結ぶ。

「デートみたいデスネー」
「デートなんデスネー」

可愛い。蛍もこのデートがきっと最後だと感じてる。

そんなデート中、二人の目の前でつまづく子供。
ギンは思わず手を差し伸べたけど、ギンの様子がおかしい。

(時々人も迷いこんでくることがー)

人間の子供だった。動揺する蛍に笑顔のギン。

「来い蛍、やっとお前に触れられる」

手を差し伸べるギンに蛍も満開の笑顔で抱きつく。消える間際のギンの声。

「好きだよ」

消えてしまったギンのお面を抱えて一人で帰る帰り道に妖怪達の声。

「ギンはやっと人に触れたいと思ったんだね、やっと人に抱きしめてもらえたんだね」

いつか絶対に来る別れが、このタイミングって(泣ける)

ずっと蛍と行きたかった夏祭りに、行けてよかった。そこに居るのに会わずに時を過ごすより、消えることになっても、抱きしめてもらえて気持ちを伝えることができてよかったと思う。

蛍はこれからもギンのことをずっと覚えてる。夏がくるたびギンを思い出す。人の世界で生きながら。


映画化してくれてありがとうございます!って心から思った。
夏目友人帳のスタッフと大森監督ってことで期待しかなかったけど、期待以上やった。

声優さんはほぼ、うっちーとあやねる。映画はおじいちゃんもいい味出してたな。
うっちーが、優しくてでもどこか浮世離れしてるギンを演じてた。声でちゃんと人との距離感を感じるのって凄いな。あやねるは6歳から高校生、それから少し大人になった蛍を声色で表現してて。どの蛍もほんまに可愛かった。

確かアニメの賞を授賞してたけど納得。この作品作ってるときに東日本大震災があって、大森監督は「いつか地震の傷が癒えた時に観て楽しんでもらえたら」、そう思って作ってたらしい。

DVD には舞台挨拶が入ってて、記憶に残るのはうっちーのハンバーガーTシャツ。

センス!!
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。